2015年02月07日

Windows8.1が勝手にスリープ解除して困ってる人〜?

はい。私です。はい。

工場出荷状態に戻したはずのメインパソコンに「スリープモードに入った途端にスリープ復帰する」という謎の不具合が発生したため、実質的にスリープモードが無効と言う非常に残念な状態だったのですが、この度めでたく対策を取ることができました。
備忘録も兼ねて対策をアップ。もし同じ現象に悩んでいる人の解決になれば嬉しいです。

私の場合、原因はネットワークインターフェイスカード(NIC)でした。
Windowsでは、NICやマウス、キーボード等のデバイスからスリープ解除をすることができますが、望まない動作をする場合にはこれらを無効にする必要が出てきます。

1.原因の特定
想定外のスリープ解除が行われる場合、その要因となるデバイスを特定する必要があります。これはWindows8.1標準の「イベントログの表示」で確認できます。コントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール→イベントログの表示 を選ぶと、「イベントビューアー」が開きます。
システムとセキュリティ.PNG
イベントビューア.PNG
カスタムビューで電源関係のイベントだけを抽出します。
「カスタムビューの作成」を選択し、「ソースごと」のラジオボタンをオン、イベントソースを「Power-Troubleshooter」にして新たなビューを作成します。

「システムは低電力状態から再開しました。」というメッセージのあるイベントを見ると、「スリープ状態の解除元」が記載されています。これで、スリープを解除しているデバイスを特定します。

2.デバイスのプロパティを変更
コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンター→デバイスマネージャーを選択し、先ほど特定したデバイスのプロパティを表示。「電源の管理」タグから「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックボタンを外します。
ハードウェアとサウンド.PNG
デバイスプロパティ.PNG

以上で、望まないデバイスからのスリープ復帰は回避できます。ついでにマウスからの復帰も解除しておけば、こつんとマウスにぶつかってスリープ解除という不幸も防ぐことができますね。

なお、Windowsの自動メンテナンスがスリープを解除している場合もあります。この場合は、コントロール パネル→システムとセキュリティ→アクション センター と開いていくと、自動メンテナンスという項目がありますので、「メンテナンス設定の変更」を選びます。メンテナンス時間を希望の時間に変更するか、「スリープ解除を許可する」というチェックボックスを外しておけば大丈夫です。

ラベル:パソコン
posted by マタスー at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・日々の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック